水害ハザードマップの重要事項説明への追加 | 藤沢 湘南周辺の不動産をお探しなら株式会社不動産ギャラリーにお任せ下さい。

湘南の住まい探し/信頼と実績のパートナーシップ、藤沢の㈱不動産ギャラリー

0466-27-2001

営業時間9時30分~17時30分定休日火・水曜日

Galleryレポート
日記
水害ハザードマップの重要事項説明への追加

「重要事項説明に水害リスクの説明が追加」

令和2年8月28日から不動産売買及び賃貸の重要事項説明において水害リスクについての説明が追加されております。具体的には重要事項説明書に“水防法の規定に基づき作成された水害ハザードマップにおける対象物件の所在地”を追加し、説明する事が義務付けられました

藤沢では洪水に関しては境川周辺の一部地域で浸水の影響を大きく受けます。津波に関しては海岸線近くと河口付近で浸水の影響を大きく受けます。

「施行規則改正の経緯」

平成5年に鹿児島で大水害があり、これがきっかけでハザードマップ作成が推進されました。

その後特に2011年以降毎年のように○○年に一度の大水害と言われるようなレベルの水害が起こり2019年に国土交通省が不動産関連団体に対し、水害リスクに関する情報をハザードマップを使って説明するよう依頼、2020年には義務化されました。年々強くなる台風による災害が続いている昨今ではこの災害に対するリスクの説明を不動産の取引時に行うと言う事は大変重要な業務です。

「すでに購入された方・借りた方もハザードマップの確認を」

重要事項説明への説明義務追加によりこれから購入もしくは借りる方には重要事項説明で注意喚起出来ますが、すでに購入をされていらっしゃる・借りてお住まいの方も今ご自身が住んでいる場所がハザードマップ上のどの位置にあるのか下記藤沢市役所へのリンクよりご確認をお勧めします。

https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bosai/bosai/hazardmap/index.html

株式会社不動産ギャラリー

投稿日:2020/09/13   投稿者:-

信頼と実績のパートナーシップ

三井ホームのランドパートナー