サブリースに関するトラブルを未然に防ぐために | 藤沢 湘南周辺の不動産をお探しなら株式会社不動産ギャラリーにお任せ下さい。

湘南の住まい探し/信頼と実績のパートナーシップ、藤沢の㈱不動産ギャラリー

0466-27-2001

営業時間9時30分~17時30分定休日火・水曜日

Galleryレポート
日記
サブリースに関するトラブルを未然に防ぐために

「サブリースによるトラブルと原因」

近年、土地所有者の相続対策や高齢化等の影響でサブリースを活用した賃貸住宅が増加しており、これに伴い土地所有者とサブリース事業者間のトラブルが多発しています。トラブルの原因は主にサブリース事業者側の不当な勧誘と契約後は土地所有者ではなくサブリース事業者側が借地借家法で保護され強い立場になるという点にあります。

よくある事例としては「30年一括借り上げ保証」を「何もしなくても30年間一定の家賃収入がある」と誤認するような宣伝や営業をし、契約後に契約内容や借地借家法を盾に減額請求や追加出費、解約を迫る事が多いです。サブリースは建築を促すためのツールのため、建物を建てた時点で目的はほぼ達成しているのでサブリース事業者にとって都合が悪い=収益が望めない状態になれば容赦なく土地所有者へ厳しい交渉を開始し始めます。

建てた後は借主(サブリース事業者)貸主(土地所有者)のため土地所有者よりも強い立場にあり、交渉によって土地所有者が予期せぬ不利益を被ることになるため、社会的にも問題になっていました。

「トラブル防止に動き始めた各省庁」

こうした事態を受け、サブリースについてのリスクや契約内容を土地所有者が適切に理解することでトラブルを防止するべく、国土交通省で令和2年12月15日から「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」のうち、サブリースに関する規定が施工されました。この法律ではサブリース事業者及びサブリースの勧誘を行う者による誇大広告や不当勧誘が禁止されるほか、サブリース事業者には土地所有者とマスターリース契約を締結する際の重要事項説明や書面交付が義務付けれらます。

具体的な内容として国土交通省のガイトラインを例にすると、広告で「家賃保証」を表示する場合、その近くに定期的な家賃の見直しがある場合はその旨及び借地借家法32条による家賃減額の可能性がある旨を表示することとし、文字の大きさ等にも留意することとされています。

これを受けて消費者庁や金融庁もトラブルを未然に防ぐために注意喚起を出すなどしております。サブリース事業者側の改善は当然の事として、サブリースを検討する際にはこれら各省庁の注意喚起等に沿って信頼の出来る不動産会社に相談するなど慎重に条件や契約内容の確認をすることが大事です。

株式会社不動産ギャラリー

投稿日:2021/07/12   投稿者:-

信頼と実績のパートナーシップ

三井ホームのランドパートナー