賃貸運営実務【鍵の受け渡し・交換】 | 藤沢 湘南周辺の不動産をお探しなら株式会社不動産ギャラリーにお任せ下さい。

湘南の住まい探し/信頼と実績のパートナーシップ、藤沢の㈱不動産ギャラリー

0466-27-2001

営業時間9時30分~17時30分定休日火・水曜日

Galleryレポート
日記
賃貸運営実務【鍵の受け渡し・交換】

「鍵の受け渡し・交換でのトラブル防止」

不動産建物では鍵の受け渡しをもって物件の引き渡しとみなす事が一般的です。取り扱い件数の多い賃貸においては特に引き渡し前後で鍵についてトラブルとならないように注意が必要です。基本的な事として受け渡す鍵の開錠確認(コピーキーの場合は特に注意)、交換発注時の確認(入居に間に合うか、ダブルロックの場合は2箇所やるのかなど)がまず大事です。入居に間に合わない場合は入居後になる事を契約前に借主側から承諾を得ておくと安心です。ダブルロック場合はシリンダーが2個セットになっていて1箇所のみの交換が出来ないドアがあるので注意が必要です。

次に交換時の費用負担ですが、鍵交換が必須でその費用は借主に負担してもらう場合には契約時だけでなく募集時から交換についての具体的な費用を含めた表示が必要です。(例:鍵交換費用負担有り〇〇円)

「鍵の費用負担はどちらが負担すべきなのか」

鍵の費用負担について貸主借主どちらが負担するのかは入居時と退去時で判断が異なります。入居時に建物を使用収益させる目的として貸主が鍵交換する必要があるかどうかについては判例では交換が好ましいこととは言えるものの、それが貸主の義務とまでは直ちに言えないとしています。そのため合意があれば借主に交換費用を負担してもらうことが出来ます。(貸主負担とする合意もありえます)反対に退去時では国土交通省のガイドラインで鍵交換は原則貸主負担と定められているので鍵を紛失したなど特別の事情が無い限り交換費用を借主には原則負担してもらえません。(そもそも入居時も退去時も負担するなると二重払いとなってしまいます。)

上記踏まえて貸主借主双方が納得しやすい運営方法として鍵交換は必須ではなく任意で行う事が多いです。借主が交換を希望する時のみ費用を負担して頂くことで貸主借主の均衡を保つようにしています。その際に鍵交換の必要性について、防犯上の観点や既存鍵の種類、返却状況などから的確なアドバイスをするよう努めています。

株式会社不動産ギャラリー

投稿日:2022/01/24   投稿者:-

信頼と実績のパートナーシップ

三井ホームのランドパートナー