民法改正【相隣関係】~越境した木の枝の切除~ | 藤沢 湘南周辺の不動産をお探しなら株式会社不動産ギャラリーにお任せ下さい。

湘南の住まい探し/信頼と実績のパートナーシップ、藤沢の㈱不動産ギャラリー

0466-27-2001

営業時間9時30分~17時30分定休日火・水曜日

Galleryレポート
日記
民法改正【相隣関係】~越境した木の枝の切除~

「越境した枝の切除に関するルールが変わります」

所有者不明土地関連法成立の一環として、来年2023年4月1日施行の民法改正により相隣関係(隣同士の土地利用の関係)の規定が変わります。相隣関係には敷地権やライフライン設備の設置権など様々なものがありますが、今回は実務で扱う機会が多い“越境した木の枝の切除”についてまとめます。

「現行法は根っこは良いけど枝はダメ」

改正前民法では根っこが越境した場合は土地所有者が越境した根っこを切除できます。(民法233条2項)しかし、隣地の木の枝が越境しているときは、木の所有者に枝を切除させることができる旨の規定だけでした。(民法233条1項)これでは木の所有者が切除に応じてくれない場合に枝の切除をするには裁判所に訴えを提起し判決を得て強制執行をするなど大変煩雑な手続きが必要となり問題となっていました。

「要件によっては自分で切除可に」

上記の問題は共有者多数の土地や所在不明土地で特に問題となっていたので、民法改正により以下のように大幅に緩和されます。

(竹木の枝の切除及び根の切取り)

第二百三十三条 土地の所有者は、隣地の竹木の枝が 境界線を越えるときは、その竹木の所有者に、その枝 を切除させることができる。

2 前項の場合において、竹木が数人の共有に属すると きは、各共有者は、その枝を切り取ることができる。

3 第一項の場合において、次に掲げるときは、土地の 所有者は、その枝を切り取ることができる。

一 竹木の所有者に枝を切除するよう催告したにもか かわらず、竹木の所有者が相当の期間内に切除し ないとき。

二 竹木の所有者を知ることができず、又はその所在 を知ることができないとき。

三 急迫の事情があるとき。

4 隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を 切り取ることができる。

3項記載の通り、木の所有者へ催告をして相当期間内に切除されない時は土地所有者側で切除できるようになりました。また、空き家かつ登記も古く所有者不明の場合も同様です。急迫の事情については明確なガイドライン等はありませんが、枝が高圧電線にかかる・枝が線路に落ちる可能性が高いなどが考えられます。不動産の実務では隣地所有者に催告をして相当期間経過後に土地所有者により切除をする事例が増えると思います。

 

株式会社不動産ギャラリー

 

投稿日:2022/02/26   投稿者:-

信頼と実績のパートナーシップ

三井ホームのランドパートナー